銀河 英雄 伝説 アンネローゼ

アンネローゼ

Add: ivyxaly14 - Date: 2020-11-19 22:18:43 - Views: 1220 - Clicks: 2232

妻(ヒルダ)、長男(アレクサンデル・ジークフリード)、姉(アンネローゼ)であるが、むしろ「アンネローゼとキルヒアイス」のみといえる。幼い頃に死んだ母親クラリベルに対する印象はほとんど無く、姉が後宮に召された際に金を受け取った父セバスチャンを終生許すことはなかった。従ってラインハルトの意識内に於いては、両親を家族とは認識しておらず、親友だったキルヒアイスを家族の一人として認識していた。ラインハルトやアンネローゼは度々キルヒアイスをラインハルトの兄弟であるかのように扱っている。 また、その生い立ちゆえに、本人は自覚していなかったが相当重度のシスターコンプレックスである(アンネローゼが皇帝の後宮に入れられず、普通の青年と愛し合うことになったら、自分はそれを受け入れられただろうかと、キルヒアイス共々苦悩する描写がある)。 妻(皇妃)であるヒルダとは、本当に家族になれる時間が無かったと言われる。ただしラインハルトは趣味など皆無の人物であり、政治と軍事が彼の全てであった。ヒルダに政治や軍事の相談をするのは、不器用なラインハルトなりの妻に対する甘えであったかもしれない。ユリアンに対してラインハルトは「皇妃は予よりはるかに政治家としての識見に富む」と言っているが、それはラインハルトにとって最大ののろけではなかったかと、ユリアンは述懐している。一方のヒルダも、秘書である当時にもラインハルトを気遣い、秘書の分を越えた助言をラインハルトにしている。他者には家族としての愛情、男女としての恋愛関係があったのかどうかと疑いを持たれる立場であるが、私生活においては不器用なふたりにとって、これが精一杯の愛情表現、恋愛の形であったのかもしれない。実はヒルダの前で取り乱したり感情を激発させたりなど、無意識のうちにラインハルトはヒルダに対して甘えていたであろう様子がしばしば見られる。. アンネローゼ・フォン・グリューネワルトがイラスト付きでわかる! 田中芳樹による小説『銀河英雄伝説』の登場人物。 概要 CV:潘恵子(OVA)、村田博美(劇場版『黄金の翼』)、坂本真綾(Die Neue These) ラインハルト・フォン・ローエングラムの5歳上の姉。. 長い間「アンネローゼは、つまらないキャラだな」と思っていた。 15歳のときに権力者の後宮に入らざるえなかったことには同情するけれど、その後はずっと「何とかパイ」とか「ケルシーのケーキ」を焼いて、黙って微笑んでいるだけ。 いつの時代も、こういう美人で大人しくて物分かりの. アンネローゼに関するブログ新着記事です。|ノイエ版・銀河英雄伝説より「私の好きなインテリア&建築」語り(第2部)|ノイエ版・銀河英雄伝説より「私の好きなインテリア&建築」語り(第1部)|ノイエ版・銀河英雄伝説より「さらば、遠き日(23話)」のアンネローゼの考察&おまけ語り.

どれもこれも、魅力的。素敵過ぎて. イゼルローン要塞駐留艦隊の駆逐艦。ラインハルトは少佐/艦長として第5次イゼルローン要塞攻防戦に参加し、同盟軍の巡航艦を撃沈(外伝『黄金の翼』)。 1. -銀河英雄伝説-アンネローゼ・フォン・グリューネワルト, ジークフリード・キルヒアイス, ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ, ヤン・ウェンリー, ユリアン・ミンツ, ラインハルト・フォン・ローエングラム, 自由惑星同盟, 銀河帝国, 銀河英雄伝説, 銀英伝. ノイエ版・銀河英雄伝説より「さらば、遠き日(23話)」のアンネローゼの考察&おまけ語り 「私たちはお互いの他に何も持たなくなってしまった・・」. mixi銀河英雄伝説 アンネローゼの誕生日 今日はアンネローゼ事、グリューネワルト伯爵夫人の誕生日です。銀英ファンの皆さん、お祝いお願いします。ちなみに私が銀英キャラの自分に近いキャラの一人でもあります。お誕生日おめでとうございます。. 標準型戦艦タンホイザー 1. 04 ID:flz6DJnHp 個人的に、銀河英雄伝説まとめブログ「銀速」2ch・twitterから.

2」武将データ」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。. こんにちはー! NHKEテレで現在大人気放送中の「銀河英雄伝説 die neue these」、私も毎週楽しみにしています。 その中でラインハルトの姉であるアンネローゼのシーンをみていて「銀英伝ってアンネローゼ様から見ればかなり悲劇だよなぁ」と思ったのでそのことをブログに書こうと思います. See full list on dic. 秘密結社 鷹の爪 カウントダウン. 駆逐艦エルムラントII(ツヴァイ) 1. . 聡明でいて穏やかな性格、美しく繊細な容姿を持っている。菓子作りにかけては達人でもある。フロイデンの山荘では刺繍の才能も発揮していた。 万事に控えめで後宮にあっても権力を求めようとはせず、ただラインハルトとキルヒアイスの無事だけを願い続けていた。しかし、皇帝の寵愛を失ったベーネミュンデ侯爵夫人や門閥貴族には、出自が下級貴族の出であるため、反感を買っていた。寵妃の中でも、特に厚く寵愛を受けていたと取れる記述もある。そのため後宮にいた頃はヴェストパーレ男爵夫人やシャウハウゼン子爵夫人以外の友人が無かった。 その一方で皇帝の寵愛にも関わらず政治に対して一切口を出さないその態度はリヒテンラーデ侯を始めとする帝国政府首脳陣からは比較的好意的に受け止められ、その評判は決して悪い物ではなかった(しかし、同時にその態度はベーネミュンデ侯爵夫人にラインハルトを排斥する隙を与えた)。キルヒアイスの死後はフロイデンの山荘において隠遁生活を送っており、人付き合いや派手な振る舞いが苦手である事が伺える。 作中の様々な言動から、キルヒアイスに対して恋愛感情を抱いていた節が伺われるが、その胸のうちは誰にも語っていない。キルヒアイスの死の直後、ラインハルトにその事を問われたが、無言と悲しげな表情をもって答えとし、真偽を口にすることはなかった。 死の床についたラインハルトは、看病するアンネローゼに、自分が大切にしてきたキルヒアイスの遺髪が入ったペンダントを託している。その時の覇気の抜けたおそらくは彼本来の優しい瞳に、アンネローゼはその死を確信したと伝えられている。.

アンネローゼ様が私を見てちょっと困った様な表情をされた。 「最初は有能な軍人だと思っていたの。でも違ったわ、ブラウンシュバイク公になられてから不思議な人だと思ったの」 アンネローゼ様が仰りたいのは不思議なほど運が良いという事だろうか?. Re: 『銀河英雄伝説』についての考察、感想 ( No. 銀河 英雄 伝説 アンネローゼ ヴァンフリート星域会戦、第6次イゼルローン要塞攻防戦(外伝『千億の星、千億の光』)及び第3次ティアマト会戦(外伝「第3次ティアマト会戦」)における座乗艦。 2. 銀河英雄伝説 die neue these 見ました。 銀河 英雄 伝説 アンネローゼ アンネローゼがキルヒアイスの死後、ラインハルトとぱたりと距離を置いてしまったのは、キルヒアイスのことを忠告していたに自分の考えを押し切ってキルヒアイスを亡くしてしまったことが一番の原因だとしても急に距離を開けられてしまった感じがし. 駆逐艦ハーメルンII(ツヴァイ) 1.

乗艦は以下の通り。 1. おはようございます(*^^*)にゃん食堂(シクタン)製菓部ですまたまた『銀河英雄伝説 』の中に出てくるお料理を作りますよー いつもの如く興味の無い方は読み飛. 銀河英雄伝説 本伝・第2期. . イゼルローン要塞駐留艦隊第237駆逐隊所属の旧式駆逐艦。ラインハルトは中尉/航海長として乗艦するが、機関不調により敵中に孤立する(外伝『叛乱者』)。 1. jp: 銀河英雄伝説【ラインハルト&アンネローゼ】 アクリルスタンドフィギュア: ホビー. 銀河英雄伝説 本伝・第1. イゼルローン要塞駐留艦隊所属の巡航艦。ラインハルトは中佐/艦長として、同盟に亡命したへルクスハイマー伯爵の拘束と指向性ゼッフル粒子発生装置奪還を目的とした、同盟領内への単艦潜入作戦を敢行(外伝『奪還者』)。 1.

アンネローゼ・フォン・グリューネワルトのプロフィール アンネローゼ・フォン・グリューネワルト - 銀河英雄伝説のキャラクターならレビューン小説. See full list on ginei. 銀河英雄伝説〜ラインハルトに負けません. 遠い未来、銀河系宇宙に進出したものの、不毛な戦いをやめない人類――。人類のほとんどを支配する銀河帝国の貴族とは名ばかりの貧しい家庭に生まれたラインハルトは、姉を皇帝の寵姫として奪われて以来、たったひとりの友キルヒアイスと共に、銀河帝国を手中にするという野望を胸に. 帝国暦467年(宇宙暦776年)3月14日、帝国の首都星オーディンに下級貴族セバスティアン・フォン・ミューゼルの長男として生まれる。 幼い頃、事故で母クラリベルを失い、5歳年上の姉アンネローゼにより育てられる。父親が財産を食いつぶして下町へ移り住む事となったが、そこで唯一無二の親友であり、後に盟友となるジークフリード・キルヒアイスと出会い、共に少年時代をすごす。 10歳の時、アンネローゼが宮内省の役人に見いだされ、皇帝フリードリヒ四世の後宮に召された。ラインハルトは姉を奪ったゴールデンバウム王朝と皇帝を激しく憎悪し、これがきっかけとなって門閥貴族による専横がまかり通っている帝国の現体制に疑問を持つようになる。そして姉を取り戻すため、ゴールデンバウム王朝を倒し、帝国の現体制を変える事を密かに誓う。この決意を唯一知らされたキルヒアイスも同意し、最も早く栄達するための方法として軍人になる道を選び、二人で帝国軍 幼年学校に進む。幼年学校卒業後、通常は准尉に任官するところ、特別待遇で少尉から軍歴を開始する。 初陣は願っていた宇宙での艦隊勤務ではなく、惑星カプチェランカでの地上戦。その後中尉として駆逐艦ハーメルンIIの航海長、その後オーディンの軍務省で大尉として勤務、第5次イゼルローン攻防戦では、少佐として駆逐艦エルムラントIIの艦長、中佐として巡航艦ヘーシュリッヒ・エンチェンの艦長、大佐として憲兵隊勤務、准将としてヴァンフリートの会戦に参加、第3次ティアマト会戦時には中将、第4次ティアマト会戦時には大将として戦った。参加した戦いでは天賦の才を発揮して数々の軍事的功績を挙げ、20歳にして上級大将となり、断絶していたローエングラム伯爵家の名跡を継ぐと言う異例の出世を果たす。また、そこに至る戦いの中で、後の臣下となる優秀な人物に出会っていった。しかし、門閥貴族や軍上層部からは、皇帝の姉に対する恩寵による出世と嫉まれ、「スカートの中の大将」と揶揄された。 ベーネミュンデ侯爵夫人やフレーゲル男爵にはしばしば命を狙われて何度か絶体絶命の危期に陥ったが、キルヒアイスの活躍もあり暗殺の魔の手から逃れつづけた(皇帝になってからも暗殺者に狙われた事は度々あり、キュンメル事件、ウルヴァシー事件、ルビンスキーの火祭りによるハイネセンの大火、地球教徒による最後の襲撃などが起こっている)。. 夢魔子【デジタルリマスター版】 銀河英雄伝説 Die Neue These. 77 ): 日時: /11/15 18:06 名前: 健 ふーん。 滅亡後の同盟で起きたオーベルシュタインの草刈りやそれに関連したシトレやムライが巻き込まれた暴動でウィンザーとサンフォードは死んでなかったら、内政自治政府代表になろうとしてそうだが. 軍人としては「戦争の天才」「常勝の英雄」として帝国軍将兵の畏敬と忠誠を一身に集める。ただし、その常勝の英雄も、唯一ヤン・ウェンリーにだけは勝利し得ないままだった。何よりも自らが陣頭指揮に当たって勝利を手にすることにこだわり、戦略的により優位な方法を取ることが可能な場合でも、敢えて敵との正面決戦を選ぶ傾向にある。そのため、卓抜した戦略眼を有していたにも関わらず、用兵家としての本質は戦術家であったとも言われている。この点をヤンに利用され、危機に陥ることもあった。ただし自ら陣頭に立つのは、部下を死地に追いやる立場としての自らの使命感に基づくものでもあり、一概に無責任とは非難できない。また現実問題として、自ら陣頭に立つ気概を示さなければ、誰も後には続かなかったであろうことも確かである。最前線で軍を指揮することはローエングラム王朝においての皇帝の責務であるとも明言している。 銀河 英雄 伝説 アンネローゼ ゴールデンバウム王朝時に於けるラインハルトの異例な昇進の速さは、姉・アンネローゼの影響が極めて大きいとされている。ただし、皇帝やアンネローゼが、ラインハルトの昇進を指示した事例は無い(外伝1巻第2章の記述より)。実際には皇帝の寵妃の弟などという厄介事の種(万が一戦死させた場合、上官が皇帝の不興を買う事になる)を抱え込むのを嫌った直接の上官が、ラインハルトが手柄を立てるたびにそれを言い立てて昇進を働きかけ、結果として自分の部署から遠ざけたのが真相であったとされる。もちろん特殊な立場による異常な昇進であるのは事実だが、その地位に相応しい武勲を立て続けた(実力不相応な昇進であれば、その任に耐えられなかったはず)事には間違いは無く、ロイエンタールやミッターマイヤーなどの後の部下は、初めてラインハルトの姿を見た時(ヴァンフリート星域会戦直後)に、それを見抜いた事を示す発言を口にしている。ただしローエングラム伯の叙爵については、皇帝の指示によるものである。 基本的には堂々たる勝負を好むが、オーベルシュタインの登用にも見られるごとく、政略や謀略の有効性も熟知しており、時と場合によっては非情な決断を下す冷徹さも備えている。 政治家としても才と力量に優れ、ゴールデンバウム王朝の悪しき制度を一新し、帝国人民の支持を集めた。特にリップシュタット戦役を経て帝国の実権を握った直後から大掛かりな司法/行政改革に着手し、農民金庫.

上記のように早すぎる死はファンからも問題視されることがあり、徳間書店版の本編完結前後には『銀河英雄伝説は「二巻(キルヒアイスの死)」で終わり』とまで言う熱狂的なファンもいた。 だが、普段は他人のせいにしない田中芳樹が一度だけ 「銀河英雄伝説はもっと早く終わらせる予定だったが、二巻発売後に編集部から全十巻まで伸ばして欲しいと言われ、慌てて全体を再構成することになった」 と言う趣旨の事を述べたことがある。当初の予定が半分以下の長さの作品だったとすればキルヒアイスの死は早すぎるとは言えず、大人の事情のために早すぎる死と言う評価を受けることになったキャラクターであるのかもしれない。. 「アンネローゼ様、宮廷で何かお困りのことが御座いましたら、どうか. 帝国暦462年6月26日、下級貴族セバスティアン・フォン・ミューゼルとクラリベルの長女として生まれる。 15歳の時、時の皇帝フリードリヒ4世の愛人になる事を申し入れられ(事実としては「命令され」)受諾。グリューネワルト伯爵夫人の称号を下賜され、家族と別れてノイエ・サンスーシの一隅である菩提樹の茂る池のほとりにある館に転居した。 帝国暦487年、アムリッツァ星域会戦でラインハルトが勝利した直後、フリードリヒ4世が心臓疾患で崩御し、寵姫の座から解放された。その後しばらくはシュワルツェンの館でラインハルトと同居していたが、488年9月9日、ガイエスブルク要塞でキルヒアイスが亡くなると、失意と自責の念から館を退去、コンラート・フォン・モーデル他何人かの近侍と供に、帝都西方にあるフロイデン山岳地帯の山荘に移り住み、手芸をして暮らす毎日を送った。 帝国暦489年6月、山荘を訪ねて来たヒルダと初対面。幼帝エルウィン・ヨーゼフ2世誘拐計画に関連して山荘警備の許可を求められる。最初は拒否したが、やがて説得されて受諾。以降ヒルダと懇意になる。 帝国暦490年(新帝国暦元年)、ラインハルトが皇帝に即位したのに伴い、アンネローゼもグリューネワルト大公妃の称号を与えられる。ただしこの時点で生活様式は一切変わっていない。ラインハルトがフェザーンへ遷都した時も、キルヒアイスの墓がオーディンにある事からアンネローゼをフェザーンへ呼び寄せなかった。 新帝国暦3年1月25日、ラインハルトとヒルダの結婚式に出席する為、コンラートを含む6名の近侍とともに、オーディンからフェザーンまで生涯初めての恒星間宇宙旅行をし、ラインハルトと5年ぶりの再会を果たし、そのままフェザーンに留まった。4月、ラインハルトが身重のヒルダを残してハイネセンに向かい、その際のラインハルトの提案でアンネローゼがヒルダのもとに留まる事になった。5月14日、柊館炎上事件が発生したが、ケスラーが救援に来るまでヒルダを守り続け、ヒルダは無事に出産した。(この際に、襲撃犯に対して小像を投げつけて見事に顔面に命中させている)同年7月18日、折からの病が篤くなったラインハルトがフェザーンに帰着すると、アンネローゼとヒルダは仮皇宮において交代でラインハルトの看病と新生児の面倒を看続けた。7月26日、ラインハルトが崩御し、アンネローゼは悲涙にくれた。. 第6次イゼルローン要塞攻防戦では1,000隻程度の分艦隊旗艦(母艦隊不明)。階級は少将。 4. ヴァンフリート会戦ではグリンメルスハウゼン艦隊指揮下の200隻規模(内訳は巡航艦40隻、駆逐艦130隻、砲艦25隻、ミサイル艦10隻)の分艦隊旗艦。階級は准将。 3. 銀河英雄伝説知力ランキング15(ネタバレ注意) 銀河英雄伝説知力を考察の上、ランキングにしました!果たして最強の知力をもつ者は?アンネローゼ・フォン・グリューネワルト?ヤン・ウェンリー? 銀河英雄伝説知力ランキングをお楽しみください!.

ラインハルト曰く「ゴミ溜めの中にも美点を見出す」タイプの人物で、温厚で公明正大な人格者であり、皮肉交じりにラインハルトから「優秀な教師になっただろう」と言われている。 帝国外の人物からも好感を寄せられており、ヤン・ウェンリーはキルヒアイスの訃報に触れた際、「古くからの友人を亡くしたような感覚に襲われた」と語っている。 また、キルヒアイスの人柄に触れたボリス・コーネフは「いい人間は長生きしない」とキルヒアイスの早逝を予見するような発言を残している。 誰に対しても礼儀正しく接する温和な人間であるが、オーベルシュタインにだけは初対面の時から警戒心を抱いており、ラインハルトが彼を登用することを決めた際には不快感を示していた。キルヒアイスとは正反対の方法でラインハルトの覇業を支えるオーベルシュタインの存在は、やがてオーベルシュタインの言を重用するようになっていくラインハルトとキルヒアイスの仲にすれ違いを生じさせ、取り返しのつかない破局へと繋がっていくことになる。 また、いつもは怒るラインハルトを諌める役割を担う事が多いキルヒアイスであるが、想いを寄せているアンネローゼに対する悪口に対してはラインハルトの怒りに同調する場面もあることから、本来、持ちあわせていたとされる激情的な性格は短気なラインハルトをフォローするため、後天的に培われたものであると作中でほのめかされている。 アンネローゼを奪った皇帝フリードリヒ4世に対する憎しみも強いようで、皇帝が病死した際に「あの男には勿体ない。あと数年長生きすれば犯した罪に相応しい死に様を与えてやったものを」と吐露するラインハルトの言葉に静かに頷く様子も見せた。. 人事登用面では、旧体制下で既得権を得ていたシャフトやラングを登用するなどといった失敗もあった。これは清廉潔白である事に自らが劣等感を抱いており、君主として清濁併せ飲む度量を持とうと努めた結果の失敗だと言われる(実際に作中で、それが理由でラングの罷免を一時ためらっている)。また、せいぜい中将までの力量だったと評されるレンネンカンプに大任を与え、後にそれが大きな災禍を招くなど人材登用の失敗が致命的事態に至った例もあり、その過失はほぼ完璧無比のラインハルトにあって最大の過失であった。これについては、作中にてエルネスト・メックリンガーが「望遠鏡が顕微鏡を兼ねなかったからとして非難するべきでない(全てにおいて万能は有り得ない)」という主旨の擁護発言を行っている。 また、追い詰められた状況下とはいえ大規模な叛乱を企てる事になった(その可能性はオーベルシュタインらによって以前から指摘されていた)ロイエンタールに、広大な旧同盟領と大規模な宇宙艦隊を任せた人事はラインハルト自身も誤りであったと発言している。 ヨブ・トリューニヒトをロイエンタールの高等参事官に任じた事は、彼の美学からすれば有り得ない予想外の失敗であった。おそらくこのような人事をトリューニヒトは受け入れる訳は無いと予想し、断ったらそれを理由に二度と仕官させない事を意図してのものだったのだが、ラインハルトの予想に反してトリューニヒトはあっさりと受けてしまった。ただし結果としてロイエンタールがトリューニヒトを殺害する機会を作る事となり、このラインハルトの失敗は、悪い結果にはつながらなかった。 冒頭で述べた通り、陣頭指揮に当たって勝利を手にすることに対するこだわりも、欠点として挙げられよう。バーミリオン星域会戦はその一例であり、ヤンと対等の立場で戦う事へのこだわりが、あわや敗北につながりかねない失敗となった。一応は部下に反転・包囲を命じて、それを待つ持久作戦は立てたものの、自分自身が待つ事に耐えられず、ヤンの詭計に乗せられる結果となった。 また、戦略的価値が既に失われていたイゼルローン要塞(というより、ヤン・ウェンリー個人)の攻略に固執し、戦術的かつ戦略的にも勝利を掴めないまま数百万の将兵を戦死させた回廊の戦も愚かな戦いであった。この戦いは殆どラインハルトの個人的感情から生じた戦役(および犠牲)であり、これに関してはロイ. の後、ラインハルトは姉であるアンネローゼとの面会を許される。彼と共にアンネローゼの館に. 銀河英雄伝説 外伝3. cv:広中雅志、子安武人(劇場版「黄金の翼」)、梅原裕一郎(Die Neue These) ジークフリード・キルヒアイス(Siegfried 銀河 英雄 伝説 アンネローゼ Kircheis)とは、小説『銀河英雄伝説』の登場人物である。pixivではフルネームよりも『キルヒアイス』というタグが使用されていることが多い。 ルビーを溶かしたような赤毛とサーベルのような均整の取れた190cmの長身が特徴の好青年。 10歳の時にラインハルトとその姉アンネローゼに出会い、のち彼女を奪われたラインハルトの決意に共感し忠誠を誓う。ラインハルトの無二の親友かつ殆どの思考や時間を共有する「半身」的存在であり、彼に諫言できる唯一の存在でもあった。性格はラインハルトと好対照で、温和で人当たりが良く、敵が多く突っ走り気味のラインハルトを常に傍らでフォローした。人格だけでなく戦闘能力、軍事的指揮力にも大変優れている。 アンネローゼに一途な想いを寄せており、「弟をお願い」という彼女の望みを生涯に渡って聞き届けた。 しかしリップシュタット戦役終結後の捕虜謁見で起こった事件により、ラインハルトを庇い命を落とす。 主要人物であるが物語序盤で命を落としてしまうため、彼の死に対しては「早すぎた」との論議が再三起こり、原作者・田中芳樹氏も「早く死なせすぎた」と後悔の言葉を述べている。 彼の死後は、ラインハルトを始めとする銀河帝国の主要人物のみならず、敵側であるヤン・ウェンリーさえも「あのジークフリード・キルヒアイスが生きていたら・・・」と決まり文句のように口にする。 本編第一期(OVA版1~26話)、外伝シリーズ、劇場作で彼の活躍を観る事ができる。 乗艦はバルバロッサ。.

容姿はきわめて端麗で、豪奢な金髪とアイスブルーの瞳を持つ白皙の美青年として描かれている。しかしこれは「自ら勝ち獲ったものではない」ために本人は特に誇ってはいない。 その人となり、戦いを嗜むと評され、自己主張をはっきりと行う性分で、好戦的で激情家としての側面がしばしば登場する。特に姉について中傷されると必ず激昂する。幼少期よりその傾向があったようで、敵を作ってばかりとキルヒアイスに心配されたり、クラスメイトの挑発に対し、石で相手の頭部を叩いたりすることもあった。また、他人の下にいることを嫌っており、そのためか幼年学校時代は上級生・同輩ともしばしば喧嘩沙汰に及んでいる一方、下級生からは慕われており、幼少時からカリスマ性を発揮していたようである。10代の頃は貴族からは「生意気な金髪の孺子」と呼ばれ、物事の核心を突く性格で「嫌われ者」であったようで、いわゆる文化人類学で分類される先天的英雄性特質を持っていた様である。一方で礼節や慣習は重んずる方でもあり、天才型人間によくある、無知愚鈍だと感じられた人間に対して公衆面前で罵倒し軽蔑観を隠しもしないような極端な天才タイプでもなかった(ただしその感情的な爆発は時々見られ、側近から諌められていたか自制していたと思われる)。特に即位して以降は物腰が柔らかくなり、女性などに対しては敬語を使うなど言葉遣いも丁寧であり、部下の提督らに対しても基本的には頭ごなしに命令するような態度は取らず礼節を保っていた(いくらかの例外もあった)。また、状況の解決に軍事的手段を優先させがちである事から、「戦いを嗜む」と評される事がある。 ラインハルトは安全な場所で戦争を指揮し兵士たちを死地へと向かわせるような権力者を忌み嫌い、戦いにおいては常に最前線に身を置いた。皇帝に即位した後も、自らを必ず最前線の陣頭に置いた。重臣達からしばしばその危険性を上申されたが、ほとんどの場合はそれを一蹴した。ロイエンタールの叛乱においても、実際にはミッターマイヤーではなく自分が戦いたかった様子が表れた場面がある。ただし、部下の武勲を横取りするようなことはせず、ある程度戦局が片付いたら身を引くことも多い。 歴史上の英雄たちと同様、人材コレクターで優れた人材を集めることに余念が無く、相手が優秀とみれば、貴賤、相手の年齢、所属勢力を問わず麾下に招いている。リップシュタット戦役に. 686: /01/04(木) 06:17:43. 巡航艦へーシュリッヒ・エンチェン 1. 50 ID:flz6DJnHp 皇帝はその時に溺愛してる人には優しかったらしいから その部分や宮廷での生活とかで惚れたんやろな あとアンネローゼは皇帝が好きとかそんな描写あったっけか 850: /10/14(土) 18:52:26.

銀河英雄伝説 外伝2. 試作型旗艦用戦艦ブリュンヒルト 1.

銀河 英雄 伝説 アンネローゼ

email: emihij@gmail.com - phone:(368) 281-7733 x 1314

コールド ケース シーズン 3 放送 予定 -

-> エグザム 動画 吹き替え
-> オサレ 師匠

銀河 英雄 伝説 アンネローゼ -


Sitemap 1

パニッシャー 意味 - しゃぼん